レーザー脱毛についての簡単な解説

TOP > レーザー脱毛についての簡単な解説

脱毛は、従来おこなわれる毛の再生を抑えることによって、肌をきれいに魅せる手法として定着されています。

一昔まえでは、ある程度の体毛は放置されていましたが、海外のモデルに魅せられてからは考え方が一変しました。

そのため、日本でも永久脱毛の施術が遅咲きながらも行われるようになり、新しい美の形成に役立てられています。

しかし、電流を体内に流すことによって毛根を焼き切る「ニードル法」は、患者に激痛をあたえる手法のため、あまり浸透されていません。


この手法には、針に対して毛穴一つずつが対象のため、時間がかかることも要因の一つとなっています。

医療脱毛の情報ならこちらで掲載されています。

それから、海外の脱毛事情などを検証するうちに、レーザーを用いた医療機器の使用に着目しました。今日におけるレーザー脱毛は、光の波長を調整することによって、より安全に行えるように配慮されています。
レーザー脱毛の仕組みは、照射されるレーザーの波長加減に合わせて、皮膚の炎症をこうむることなく実行されます。

それに伴い、皮膚深部の毛根だけに延焼効果を発揮して、最終的に脱毛された皮膚の状態を形成します。

レーザー脱毛については、美容エステサロンで稼働している光脱毛に酷似している、という指摘を受けることがあります。


光脱毛も、光の波長に応じて脱毛をもたらす点は共通しますが、従来のレーザー脱毛と比べて出力が抑えられています。

医療レーザー脱毛の相談ならココです。

これは、レーザー脱毛が正規の医療行為であるのに対して、エステ側の施術は医療行為に抵触しないよう配慮されていることを意味します。
よって、レーザーによる脱毛の施術は、医療の資格を受けた者のみが取り扱うものとなります。